二重まぶたは美容整形にて作る時代|費用と効果Navigator

頬に手をあてる女性

推奨されている二重術

驚く

二重まぶたを形成することのできる美容整形は数多くあり、そのなかでもよく選択されているのは埋没法です。ただ、費用や施術の手軽さの面から初心者用と言ってもいい埋没法ですが、医師からより推奨されている美容整形は切開法です。
なぜなら埋没法の場合は、二重まぶたを形成することはできますが、糸で留めているだけなので、糸が切れてしまう可能性があるからです。基本的には数年程度が持続期間だとされており、その間に糸が切れ、少しずつ一重まぶたに戻ってしまいます。また、こういった施術は医師の腕にも左右されるため、経験の少ない医師や患者のことをきちんと考えない美容外科だと、数ヶ月や数週間で糸が切れてしまうことも考えられます。安い費用で施術できるものの中には、効果が続かないものがあるので注意しましょう。

切開法であれば、まぶたを切開した上で邪魔な組織を取り除き、まぶたの中で糸をしっかり縫い付けることができるので、半永久的な二重まぶたを手に入れることができます。切開法を行った直後はまぶたが腫れ、数日から一週間の間はこの腫れが持続しますが、だんだん引いてきて、完全に引くころには理想としている二重まぶたが出現します。

切開法により二重まぶたにすると、美容面ではもちろんよい影響がありますが、ほかにもいい影響がいくつかあります。
ひとつは、視界が広くなるというものです。一重まぶたは、ただ形が一重になっているということもありますが、まぶたが重くて垂れ下がっているというケースもあります。その場合、切開法によってしっかり二重まぶたを作ると、上の方の視界が広くなる効果が得られます。視界が少しでも広くなると、モノの見方が変わってくるものです。また、髪の毛が目にかかっていると性格が暗くなると言われているように、視界は性格にも関わってくるので、この美容整形により視界が広がると前向きな気持ちになりやすくなります。
また、目がしっかりと開くようになるので、周りの人からの印象も変わります。ただ二重になってきれいになったというだけでなく、明るい印象を与えることができるのです。

そんな切開法の費用の相場は、一部分だけを切開する部分切開法で20万円前後、まぶた全てを一度切開してカスタマイズすることができる全切開法で30万円前後です。切開する部分が少なければ、10万円程度で済むこともありますが、基本的には埋没法よりも高くなります。