二重まぶたは美容整形にて作る時代|費用と効果Navigator

頬に手をあてる女性

まぶたを切らずに

黒いマニキュアを塗った女性

二重まぶたを実現できる美容整形は数あれど、そのなかで代表的だと言えるのは埋没法です。代表的というのは、埋没法が最も多く選択されているからです。埋没法が選択されやすい理由は、いくつかあります。ひとつは、プチ整形だということ。メスを使って肌を切開することのない埋没法は、抵抗感少なく挑戦することができ、これまで美容整形を受けたことがない女性でも気軽に選択することができます。もうひとつは、費用が安価だということ。美容整形であるからには自由診療であり、それなりの費用はかかりますが、美容整形のなかでは破格の値段で二重まぶたを実現することができます。また、ほかの二重術に比べてダウンタイムが短い、などのメリットもあります。

ほかの二重術がどれも切開を行うのに対し、埋没法では切開を行いません。厳密には、糸を通すためにわずかな切開は行いますが、その傷は顔がぶつかるほど近くに寄らないとわからない程度のものなので、目立つことはありません。
埋没法によって二重まぶたを形成することができるメカニズムは、糸によってまぶたを引っ張り上げることにあります。一重まぶたの人はまぶたが垂れ下がっている状態ですが、その真ん中からまぶたを内側へ引っ張りあげ、瞼板と呼ばれる部分、あるいは挙筋法と呼ばれる部分に縫い付けることで二重まぶたを形成することができます。この糸は特殊な極細のナイロン糸で、人体への影響はありません。ただ、ナイロン糸が肌に合わず、埋没法が行えない体質の人はときどき存在します。

埋没法を行うための費用は、どれくらい糸を留めるかによって変わってきます。最も少ないものだと一点留めとなりますが、きれいな二重まぶたを形成するためには二点留め、三点留めと増やしていく必要があります。そのため人によって、そして美容外科によって変動はありますが、およそ8万円から14万円程度だと考えてよいでしょう。一般的には、これに初診料や血液検査の費用が入り、もう1万円ほど上乗せされます。
こういった費用については、あまりよろしくない美容外科であれば施術の最中にどんどん増えていくこともありえます。事前のカウンセリングの時点で、自分の場合はどれくらいの費用がかかるのか、というのをしっかり医師に確認しておきましょう。